PR

SEOの無料イラスト

スポンサーリンク
虫眼鏡

曲がり矢印とペンギン、パンダ

パンダアップデートとペンギンアップデートはGoogle検索アルゴリズムアップデートのこと

「SEO」のペーパーカップとパソコン
パソコンでグラフを見る男性
「SEO」のツールボックス
「SEO」の工具箱
審査員と審査結果

アルゴリズムはスポーツのルールのようである。ルールに基づいて順位が決まる。しかしそのルールは明らかでない上に変動することもある。

デスクワークをする男性
パソコンを使って作業する手元
ラップトップと「SEO」の文字
ウェブサイトをチェックしているロボット

クローラーは定期的にインターネット上のウエブサイトを見ている。

ウェブサイトとロボット、男性。
歯医者とウエブサイト。患者。
店員と本棚、本

本屋の店員さんは、たくさんの本をチェックして店頭に並べる本を選びます。お客さんは自分の欲しい本を手に取って読みます。同じようにクローラーは、ウエブサイトを巡回して、どのサイトをどう表示するかを決定します。

「SEO」の画面のパソコンと虫眼鏡、棒グラフ
ラップトップと曲がり矢印とグラフ
ノートパソコンと鎖、虫メガネ。
色々なドメイン
いろいろなサーバーのロゴ
ウェブサイトの閲覧数グラフ
アパートの部屋でデバイスを見る人々
デバイスを見ている人々
デバイスを見ている人々
スマートフォンを見ている人々とグラフ
「SEO」の画面のパソコンと虫眼鏡。
ラップトップと棒グラフ、矢印。
ドメインとパソコン
「SEM」と「SEO」のカード
三つのウエブサイト

自分のサイトが別の会社のサイトに貼られることはとても大事。

複数のサイトがつながっている

サイトの中のいろいろな記事を見てもらえるように、リンクさせる

パソコンとじょうろ。画面には双葉。

サイトの成長は想像以上に時間がかかります。焦らずに見守ろう!

三つのキーワード

SEO関連の素材はこちらの「オフィスイラスト」にもあります!↓

「オフィスイラスト」の文字と会社員
ラップトップとサムネイルの文字
スポンサーリンク

【SEOコラム】パンダアップデートとペンギンアップデートって?

パンダアップデートとペンギンアップデートとは?

パンダアップデートは2012年7月に実施された検索エンジンの改良版のこと。

これにより、品質の低いサイトや不正な手法を用いているサイトのランキングを低下させることができます。

例えばユーザーが「猫にはどんな種類があるんだろうと?」と検索します。

「猫 種類」と入力。

ところが、検索結果で表示されたサイトを開くと、3種類しか紹介されていません。

世の中に猫種は三種だけなの? そんなはずはありません。

また、別のサイトは先ほどのサイトをそっくりコピーしたものです。

またまた別のサイトは、猫とは全く関係のない情報が掲載されています。

このようにインターネット上には、決して良いサイトとは言えないものが沢山存在します。

パンダアップデートにより、そうしたサイトの表示順位を下げます。

結果的に良質で信頼性の高い情報を見つけやすくなります。

それはちょうど、サイトをふるいにかけるようなものです。

当然ながらSEOにも大きな影響を与えますから、コンテンツの品質を向上させることは欠かせません。

一方でペンギンアップデートは主に不正な手段を用いたサイトにペナルティを課すものでした。

例えばクローラーには、高品質の素晴らしいサイトを見せておいて、ユーザーには粗悪な情報や広告を見せます。

さらにそのSEO対策でリンク不可欠ですが、それは良い友達がたくさんいる人に例えることができます。

良い友達が沢山いる=多くの人に支持されている→信用できるとみなされるからです。

同様にサイトが多くのリンクに貼られることで、信頼性の高いサイトと判断されます。
しかし、友達というものは、一緒に遊んだり、飲んだり、働いたりして時間を過ごす。

LINEで連絡を取り合ったりして友情が芽生えるものです。

もしも、「一万円あげるから友達になって」と言われていきなりなれるものではありません。それは友情ではなくビジネスです。

2011年に米国ユタ州のオンラインショップの会社が、同様のことを行いました。

上位表示されるために、消費者のサイトにリンクを貼ってもらうように依頼したのです。消費者はその見返りとして、割引サービスを受けることができました。

こうしたリンク操作行為は不正とみなされ、厳しいペナルティを受けることになりました。

ペンギンアップデートではこうした不正な方法を用いているサイトのランキングを低下させるができました。

言うまでもなく、ルールに則ってモラルを守って情報発信することや、ユーザーにとって有益なコンテンツをわかりやすく提供することが、SEOの基本と言えるのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました