【おばちゃあこブログ経過記録】100記事書けってホント!?

スポンサーリンク
山登りをする男性 副業
沢村さん<br>
沢村さん

100記事書くのは大変!

ブログ始めた社員
ブログ始めた社員

心が折れる・・・

おばちゃあこ
おばちゃあこ

無人島で書いている気分

ご存じのようにブログは書いてもすぐには読まれない。

本屋さんなら背表紙を見て選ぶことができる。それは本棚に本が並べてあるのが大前提である。

ブログを始めて書いた状態では”本棚”にまだ並んでいない。ダンボールに入ったまま。

人の目に触れるためには、画面に表示されないといけない。ではどうすれば画面に表示されるか。

それはグーグルのロボットが見て決める。

「ああ、この記事の内容いいね」とロボットに思わせないといけない。もはや人間はAIに支配されている。

ロボットの名前は「クローラー」という。

Mrクローラーは忙しい。世の中には確認しないといけないサイトがたくさんあるからだ。

新しいサイトの場合は存在を認めてもらうのに三ヶ月かかると言われている。

ロボットがパソコンを見てサイトをチェックしてる

なので、ブログを始めて三ヶ月は処理待ちである。ダンボールの中に入った本と同じだ。

そうなると当然誰の目にも触れないので、閲覧されることはない。

そうです。ゼロ

当然のこととはいえ誰にも見てもらってないのに記事をアップさせるのには、相当の根性がいる。

そしてさらにハードルを上げているのが、俗にいう100記事伝説だ。

単にMrクローラがサイトを見てくれただけでは、検索画面に表示されない。サイトにある程度の情報量が必要らしい。その情報量が100記事という。

三ヶ月100記事 これが閲覧数を上げるためにパスワードとなっている。

本当なのか?

中には、闇雲に100記事書くよりも質の高い生地50記事かいた方がいいという説もある。

でも結局はたくさん書かないといけない。

「だったら書くよ」そう思ったのは11月半ば、その時点で50記事書いていた。

目標は年内100記事。

やればできるだろうと考え、書き始めた。

それがいばらの道への入り口とは知らずに

実際に100記事に挑戦している最中の感想

それはもう、死にます。

引き出しはもうカラ。絞ってもネタがありません。

そう毎日刺激的なことがおこるわけでもない。

人様に伝授できるようなハウツーもない。

苦悩の日々。

このままひたすら書いていって意味があるのか不安に思ってくる。

まるで砂漠の中で湯たんぽを販売しているかのような虚しさに襲われる。

ゆたんぽどうですかー。ホッカイロもありまーす。

孤軍奮闘

励ましが必要だ

半年前、ロックダウンが始まったころ退屈のあまり折り紙に熱中していた自分に言いたい。

「今から書くのだ」

ちょっとずつ書けばそのうちに100にはなる。

話題に事欠いてきたことに加えて、閲覧者がほぼゼロというのがモチベーションダウンに拍車をかける。

アフリエイトブログの場合ひたすら商品を宣伝することが主流となる。

しかし

使ったことのない商品についてそう熱く語れるものではない。

書いてみたよ。ぶら下がり健康器。

ぶら下がって健康になれるかは保証できない。

書くことないからぶら下がり健康器は鳥の休み場にもなること書いたよ。

オウムがぶら下がり健康器にとまっている。

何でも書けるのがプロなのでしょうが。

誰もが通る、一筋の光も見えない道かもしれません。

サイトの作成には時間がかかる

ブログ記事は一つずつ世に送り出す。なのでインスタのように人の評価がすぐにあることを期待する。本当はそうではない。

記事と言うよりも一冊の本を自分が執筆していると考えた。

結構な厚さの文芸書をだすとしたら、調査に半年は費やすだろう。さらに構成を練ったりまとめたりするのに数か月、実際に文章の形にするのにも数か月必要になる。

出版されるまでに何年もかかる場合もある。

ブログもそれと同じくらい時間が必要なのかもしれない。ある程度の形になるまで時間がかかる。

そもそも新聞記者でもないのに、素人が日本中いや世界中に文章を発信できる媒体があるだけでも、すごいことなのだ。

記事を書く以外の作業がたくさんある

猫がパソコンの上で寝ている

ブログの作成には記事を書くだけではありませんでした。

主にMrクローラに気に入ってもらえるような細工です。これにもかなりの時間を費やす必要がある。

実際にどんなことがあるのかは、夫がやっているのでわからない。ほとんどの方が一人でブログを書いて、イラストも探して、商材も探してその上SEO対策をされています。

尊敬です。心からの拍手を送ります。

写真やイラストをブログ記事に盛り込んだ方が、Mrクローラに好かれるそう。

そう思って画像を意識的にもりこんだ。

ところがなんと60記事に達したころ重大なミスに気が付いたのです。

Mrクローラは画像が読み取れなかった

あれほどたくさんの画像を含めたのに、Mrクローラはなんと画像が読み取れないという欠点があったことを知りました。

近視?老眼?

なので投稿した画像すべてが、彼にとっては無意味な模様にしか見えていなかったのです。包装紙のような模様に見えるらしい。

ではどうすればよいか?

画像をアップさせるときは、ファイル名を英語にする。ファイル名は画像を簡単に説明したものにすべきだったのです

加えて、ALT属性という項目がありそこへ画像の説明を書きこまないといけなかったのです。それは日本語でいいらしい。

ちなみにおばちゃあこブログのイラストはほとんどが手描きなので、これも時間がかかります。

無料イラストを使う方法もありますが、ピンポイントで内容に合致したものが見つからない。

さらにはダウンロードした画像はサイズも揃えて、画素数も荒くしないとデータが重くなるので要注意!

Mrクローラ 頭はいいけど風景が見えなかった。

突き抜けるような青空

沈む夕日で茜色に染まった空

一面の銀世界

美しいと思えるのは人間だけだったのです。

とにかく継続して書こう

猫のおばちゃあこがマラソンのゴールに到着

結論は苦しいけれどとりあえず100記事目指して前に進みます。

それがいいのか悪いのかわかりません。

一つ一つ心を込めて100記事という一つ目のゴールに向かって。

今同じ道を歩んでいる方

がんばろう!

ブログ作成は単に文を書くだけではありませんでした。

SEO対策、つまり多くの人の目にとまるような対策が必要でした。

それには専門的な知識も必要とします。

ほかにも、難しいことがいっぱいありました・・・

詳しいだれかの力を借りるなら、苦労せずに収益までたどり着けるかもしれません。

WEBスクールで学んでみるのも一つの方法ですが、まずは無料体験で自分に合うかどうか確認した方が安心。

女性向けWebスクールで無料体験を試してみませんか?

〈広告〉

タイトルとURLをコピーしました